脱毛にはまってしまいそうになった時

脱毛にはまってしまいそうになった時

脱毛にはまってしまいそうになった時

私は20代の前半頃、エステにはまってバイトのお金をつぎ込んでいたことがあり、その時に脇と腕を軽く脱毛しました。私は太りやすくて痩身をメインにしていて、脱毛はついでって感じだったのと、そのエステでしていた針脱毛が物凄く痛かったので、完璧つるつるにはしていませんが、大分薄くなって殆ど処理がいらないくらいです。脱毛は物凄く痛かったけど、脱毛し始めると不思議なもので、次から次に自分の毛が気になってきます。エステティシャンに聞いたら、多くの人がそうらしく、次から次に脱毛にのめり込んでしまうようです。
私も、脇の次は腕を少しして、足や鼻の下の産毛まで気になって脱毛したくなりましたが、長く通っていて良心的なエステだったので、お客様がどうしても気になってコンプレックスだという時は施術させてもらいますが、そうでなければ、○○さんは毛が濃いわけじゃないので、そこまでしなくても良いと思いますよ、と止めてくれました。自分は自分の顔や体を間近で見るので気になるかも知れないけど、他人はそこまでじっくり見ないから、これくらいなら大丈夫ですよー…って。
私はそこで、我に返って(針脱毛がかなり痛いこともあり)脱毛は止めました。でも、自分の体の色々な個所がつるつる綺麗になっていくのは結構楽しくて、はまってしまう気持ちもわかるなあと思いました。でも、それは少し美容整形にはまることに似ている気がします。自分がどこまですれば満足できるのか、どこで止めるのか…。誰でも年を取るし、残酷ですが、自分にかけたお金が無駄に思えることもあります。自分を見失わないように、それでいて綺麗になる努力もしていきたいです。

 

脱毛を東京でしたいOLトップページへ


ホーム RSS購読 サイトマップ